自然素材の新築住宅・健康住宅|竹川工務店(愛知県)

  1. Home
  2. 新着情報
  3. 「顔の見える家づくり」ツアー(終了致しました)

「顔の見える家づくり」ツアー(終了致しました)

「顔の見える家づくり」ツアー

kao_2_600.png

「顔の見える家づくり体験ツアー」
~大島さん(山元)の曾々お爺さんが明治39年に植えた木曽・東濃檜の森で木を学ぶ~
「第15回 我家の大黒柱と出会う旅」同時開催!

イベント説明
今回の山の木は樹齢100年を超えており30㎝角サイズの大黒柱までも取れてしまうという、まさしく"東濃ヒノキ"です。そこで「大黒柱を探しに行こう!ツアー」と同時開催の運びとなりました。普段私たち工務店でもあまりお目にかかることのない山元や森林組合の協力を経て実現することなりました。荒廃していく国産材の山には、宝が眠っていることを勉強していただくのにもいい機会ではないでしょうか。3月とまだ少し時期ではありますが、この機会を是非お見逃しなく。

開催地
岐阜県恵那市串原(恵那ICより45分)

開催日
平成22年3月14日(日)

開催時間
午前10:00~午後3:30



CIMG9365_600.jpg


開催前日のまとまった雨で心配しましたが、当日は嘘のように快晴で気温も比較的暖かく、皆さん子供のようにはしゃいで楽しんでいただきました。全国合計12組、参加人数はスタッフも含め合計55名と大勢になりとても賑やかや一日となりました。山師(木こりさん)も8名ほどお願いできました。普段は人前で伐倒することがないのですごく緊張したとか・・・。この日は仕事をしているという感覚はなさそうで、山師の皆さんも一体となってのイベントになりました。


ooshimasan_henshuu8_2.jpg

山師さんによると、名古屋城本丸の再建にこの山の近くで育った木曽ヒノキが使われるとのことで、最近伐倒されたそうです。

ご自分で選んでいただいた大黒柱を、すべてではありませんが目の前で伐倒してもらうことができ、感無量でした。100年かけて育った木材が自身の住まいに使われるということに誇りを持っていただきたいと思う次第です。100年前に先人により植えられた苗の運命が既に決まっていたのですから・・・。一般に国産木材は樹齢の3倍は生きるといいます。したがって、手入れさえすれば住まいは300年の寿命であるといえます。

山師さん、森林組合の方、県職員の方、ご協力ありがとうございました。そしてイベントに参加されたお客様、ありがとうございました。







Pagetop