自然素材の新築住宅・健康住宅|竹川工務店(愛知県)

  1. Home
  2. 新着情報
  3. 長期固定住宅ローン「フラット35」金利引下げ

長期固定住宅ローン「フラット35」金利引下げ

住宅金融支援機構は各金融機関が取り扱う住宅ローン「フラット35」などの3月分の金利水準を発表しました。通常の「フラット35」の最低金利は2ヵ月ぶりに下落しました。

金融政策で2月中旬まで通常金利0.3%の優遇(当初10年間)だったこの「フラット35」、平成22年2月15日以降(平成22年12月31日まで)さらに0.7%下がり、1.0%の優遇となりました。当初10年間で考えると、殆ど3年~5年固定ローンと変わらない金利となりました。

しかし、それだけでなく3月に入り0.05%引下げとななったことでさらにお得感が出たのでは。11年目以降20年目まででも0.3%と、かなりお得な状態になりました。

従来の住宅とコスト面を比較するとハードルは少し高いと思われますが、金利優遇だけでなく、固定資産税や登記費用を考えると、しっかり元は取れるのではないでしょうか。


Pagetop