自然素材の新築住宅・健康住宅|竹川工務店(愛知県)

  1. Home
  2. 甚目寺F様邸

甚目寺F様邸

藤村様邸工程

◆建築工事完了

fujimura_kanryou084_300.jpg内装完了です。着工から約4カ月で建物本体は完成しました。



















fujimura_kanryou083_300.jpg




















fujimura_kanryou066_300.jpg建物本体工事完了です。













◆屋外給排水工事


fujimura_gaibuhaikan079_300_2.jpg屋外給排水配管工事。















fujimura_joukasou076_300.jpg合併浄化槽埋設工事。















fujimura_joukasou062_300.jpg合併浄化槽













◆ベランダ工事


fujimura_gaisokanryo_fga006.jpg足場撤去後、ようやく外観があらわになり、ほぼ完成です。














fujimura_beranda052_300.jpg外壁塗装も完了して、最後にベランダの取り付け後、足場の撤去です。













◆内装仕上げ工事


fujimura_naisoushiage074_300.jpg内装壁仕上げ完了。




















fujimura_naisoushiage075_300.jpg内装壁仕上げ完了。















fujimura_naisoushiage071_300.jpg




















fujimura_naisoushiage072_300.jpg左官職人による本格コテ塗り。材料は珪藻土入りシックイ材で、塗り壁ならではの調湿性・消臭性・空気洗浄などの効果があり健康的です。








◆内装下地工事


fujimura_naisou041_300.jpg内装壁下地完了。この後仕上げ工事に移っていきます。



















fujimura_naisou042_300.jpg内装下地工事















fujimura_naisou048_300.jpg造作工事
大工さんの腕の見せ所である造作工事。












◆外壁塗装完了


fujimura_gaihekikanryo_egab002.jpg外壁塗装が完了。










◆外壁工事


fujimura_gaisou038_300.jpgこの後、工程は塗装工事に移っていきます。















fujimura_gaisou040_300.jpg外壁張り工事
外壁は塗り壁ではなく、メンテナンスしやすい窯業サイディングボードです。塗り壁のようにクラックの心配があまりありません。












◆断熱工事

fujimura_dannetsu026_300.jpg断熱工事(2階)
セルロースファイバーといって新聞紙にホウ酸をなどを混ぜ合わせた材料で断熱性だけでなく防音・防虫・調湿効果に優れている断熱材です。写真ではシート状のものしかわかりませんが、このシートの中にパンパンに詰め込んでいます。F様邸は屋根裏にもセルロースファイバーで施工しています。セルロースファイバーは長期優良住宅にも対応しています。









fujimura_cerllce_4929.jpg断熱工事(1階)










◆内装工事

fujimura_naisou014_300.jpg内装床工事
針葉樹の床は年中サラッとして素足で歩くと、とても気持ちがいいのもです。同じ無垢材でも広葉樹と比べて気泡が荒いため、空気を含みやすいからです。中でも杉やヒノキは色合いも香りも非常にいいものです。床の下地も無垢ですので合板は使用していないため、すべて呼吸します。






◆外壁工事


gaiheki019_300.jpg外壁防水
透水シート工事がk完了です。










fujimura_gaiheki031_300.jpg外壁工事
耐震パネルの上に透水シート(白い防水紙)を張り、下地材を打ち付けます。やはり外部に使用する下地材ですので、ヒノキがお勧めです。








◆耐震工事


fujimura_taishin_005_300.jpg構造検査後、プラスαで耐震パネルを張り、更により耐震性能を向上させました。



















fujimura_taishin_011_300.jpg外壁工事前の耐震パネル施工。(外壁に張ってある緑色のパネル)













構造検査


kensa_001_300.jpg構造検査
建物の構造検査は躯体はもちろん、地震などに有効な筋違い(壁の中に隠れる斜め材)やそれを補強するための金物など構造に関する施工直後に行う検査です。














構造fujimura_kensa_2179_300.jpg検査の対象になる構造金物の取付け例。









◆屋根瓦

fujimura_yane_2177_300.jpg屋根瓦工事完了
和風の建物にはやはりシルバー色がよく似合います。流行りすたりのないオーソドックスな色・形がいつまでも飽きさせません。写真では確認できませんが棟(一番高い所)には通気口が設置してあり、基礎や土台から入った空気が壁の中を通り、そして屋根の中を経て棟から空気を自然に排気できるように計画してあります。




◆上棟


fujimura_joutou_2129_300.jpg屋根の形がだんだんとわかってきました。既に棟(建物の一番高い所)は上がっていますが、屋根をのせて上棟完了です。












fujimura_joutou_2117_300.jpg上棟
上棟とは、大工さんが建物の心臓部である骨組み(躯体)を組み立てる工事をいいます。骨組みがむき出しのまま完成になるので、大工さんも緊張しながらの施工です。











◆基礎工事完了・配管工事


fujimura_kiso_2107.jpg基礎工事完了後、建物を建てる前に排水工事を完了させます。
















◆基礎型枠工事


fujimura_kiso_2092_300.jpg型枠工事
基礎コンクリートを流すための型枠工事で、土間ベースコンクリートを予め打ちこんだ後の工程です。












◆基礎鉄筋検査


fujimura-kiso_3_300.jpg基礎鉄筋組み工事
ベタ基礎工法は従来の基礎(布基礎)とは違い、建物の下全体に鉄筋を写真のように編んで、基礎を一つの盤にして全体で加重を支えるとうい考え方ですので、柱状改良+ベタ基礎により不動沈下を防止するのに有効です。









fujimura-kiso_2_300.jpgそして第三者による鉄筋組み検査を実施します。瑕疵担保責任保険はハウスプラスに依頼して、検査員が派遣され、厳しい検査に合格してはじめて基礎コンクリートを流し込む工事が出来るのです。










◆基礎工事


fujimura-kiso_1_300.jpg基礎工事
地盤補強後、工程は基礎工事に移っていきます。ベタ基礎という工法で施工します。砕石・天圧→捨てコンクリート(一部)→鉄筋組みという工程になります。







fujimura_kiso2056_300.jpg基礎工事
掘削









◆地盤補強


fujimura-kairyou_3_300.jpg柱状改良
今回のF様邸はこれだけの強固材(セメント)の量を使用します。













fujimura-kairyou_1_300.jpg柱状改良
施工中














fujimura-kairyou_2_300.jpg















◆地鎮祭

fujimura_1_300.jpg地鎮行事
これから家を建てるにあたって、工事の安全と建築主の健康などを願ってお祓いをします。神主様は地元の神社にお願いしました。








fujimura_2_225.jpg無事地鎮祭が終わり、ご家族で記念撮影です。













地盤調査

fujmura_3_300.jpg地盤調査
これから建てる土地の地盤の強度がどのぐらいあるのかを調べています。

































Pagetop